上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4/30 GW北海道キャンプツーリング3日目

寒さで目覚める。
170430朝の気温
3~4℃といったところか。
寒いわけだ。さすが北海道。
使用しているシュラフは、快適使用温度7℃、使用可能限界温度-6℃のやつなんで耐えられるっちゃあ耐えられが、快適ではないな。
次回は保温力アップの対策を考えとこ。

朝飯は湯を注いで食べれるドライフードで軽くすませ、後はテント撤収。
ここでちょい事件発生。
枕を破裂させてしまった・・・
空気で膨らますやつなんだけど、上にちょいと乗っかってしまったらパン!って・・・
まあ次から何かで代用するしかないか。

気を取り直して出発。
行先だが、割と近くに『青い池』があるので目指します。
過去にも行ったとこなのだが、そのときは水面があまり青くなかったのでリベンジを兼ねて。
そして到着。
170430青い池① 170430青い池②
まあまあ青いんじゃないかな。
ちなみに前回のときはこんな感じ↓
150501青い池①2015.08.01撮影。
前回より確かに青いぜ。
さらに今回は風も吹いていなかったので、水面が波立っていないのも吉。
リベンジ成功とします!

ちなみにこちら、景色を観る以外はやれることありませんので注意。
店どころかトイレもありませんw(駐車場はあります)
そもそも観光地じゃなかった場所だからね。
ただ絶景ポイントとして有名になったので、お客さんは結構います。

次行きます。
次はコムケ湖へ行きます。
こちらも過去に行ったのだが、コムケ湖に隣在する海岸がいい感じだった記憶があるのでもう一度行きたいと思っていたので。
さらに、その湖畔には営業しているキャンプ場があるようなので。

ただ、その前に寄り道。
地図を見ていたら、途中にモンベルショップがある模様。
向かいます。
『モンベル 大雪ひがしかわ店』
ここで忘れてしまったガス缶を調達できるぜ。
(OD缶はさすがの北海道でもコンビニには無かったので)
さらに割ってしまった枕も!
ただ枕はモンベル製のしか置いてなかったから、いいお値段したね。
まあ快眠優先なんで迷わず購入したけどもw

備品補充後はコムケ湖へ。

到着。

まずは、この連なるコムケ湖とオホーツク海の間の陸地にある砂利道を走ります。
前回来たときもこの砂利道をSV400sで走ったので、KLX250なら余裕かと思いきや・・・
砂利というか砂深い道になってた・・・
海岸の砂を敷き詰めたようで、ちょいちょい深いところがあるので注意して走らんとハンドルとられるぜ。
170430コムケ① 170430コムケ②
過去記事だと、この海岸がのんびりするにはいい感じとあったのだが、本日は強風のため荒れてますw
なのでのんびりせず、さっさと砂利道を突破します。


突破すれば、すぐに本日のキャンプ場に到着です。
『コムケ国際キャンプ場』
コムケ湖の東向かいにあるキャンプ場です。
事前情報によると、4月下旬から営業しているとのこと。
がしかし!
営業してなかった・・・・
他に行こうにも、近くに他の営業しているキャンプ場はなさそう。
なので、今晩はこちらでスペースをちょいと拝借させていただきます。(エリアはオープンな状態なので)
170430コムケキャンプ写真は翌朝撮影。
テント設営後は買い出し&風呂&給油。
すこし先(といっても10kmほどあるが)にある町にでます。
まずはスーパーで食料を買い、ガソリンスタンドで給油です。
基本的に北海道は、閉店時間が早いので注意です。
あとは風呂。
風呂については、北海道は困ることがないです。
どこにでもありますw

そして風呂後にキャンプ場へ戻ろうとしたのだが、雨・・・
待てば止みそうだったので、飯でも食べながらやりすごします。
なので晩飯は温泉の飯!
スーパーで買った食料は朝に回すこととします。

雨が上がった後はキャンプ場に戻ってさっさと就寝。
ほんとは焚火したかったけど、雨で濡れた薪しか回りになかったのでね。

3日目終了。


走行距離:340.7km
総走行距離:647.0km
Secret

TrackBackURL
→http://komuzoukun.blog34.fc2.com/tb.php/738-d3e3a580
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。