上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9/22 北海道キャンプツーリング5日目

摩周湖までもう少しです。
R335→R272→道道150号

ここで寄り道。
『開陽台』
まず、ここへ行く道がよい。
130922開陽台へ
“地平線に向かって延びる直線道路が感動的”(byツーリングマップル)
その通りです。
ちなみに撮影場所は用意されていませんので、自分でポイント探して路駐して撮影になります。
自分もたくさん撮ってみたけど、どれもいまいちだったぜ・・・

ここを抜けると開陽台。
130922開陽台 130922開陽台から
北海道らしい景色が望めます。
夜だと星空が広がるらしい。

景色を堪能したあとは、引き続き道道150号。
少し走れば摩周湖です。
ただこの道で辿り着くのは裏摩周湖展望台。
そこから1枚↓
130922裏摩周湖
うーん。やはり表も行くべきかなw
というわけで正規展望台へ回り込みます。
道道150号→道道1115号→R391→道道52号。
結構遠回りです。

途中の道道1115号にて寄り道。
『神の子池』
130922神の子池② 130922神の子池③ 130922神の子池①
神秘的なブルーの綺麗な池です。
ちなみにここへは結構でこぼこなダートを2kmほど走る必要があります。
まあ飛ばさなければ大丈夫ですが、雨の日はロードバイクはやめた方がいいかと。
そんなところにある池ですが、結構お客さんいました。
外人さんを乗せたバスも来ていたし、結構メジャーな観光地なのかもね。

寄り道が済んだら摩周湖です。
上記ルートで辿り着くのは第三展望台になります。
130922摩周湖3-1 130922摩周湖3-2 130922摩周湖3-3
摩周ブルーと言われる湖面が見えましたw
なんでも霧がかかることが多いらしいので、見れないことが多いとか。
ラッキーです。
ちなみに摩周湖は世界で1位の透明度を誇りました。
記録は透明度41.6m(1931年)で世界1位だったが、現在の調査では、透明度は20m前後らしい。
原因は明らかになっていない。(ウィキペディアより)
しかし、40mってどうやって測るんだろう。肉眼だと厳しそうだし・・・

第三展望台は景色を見るだけですが、道道52号を引き続き進むと、第一展望台が現れます。
(第二展望台は今は無いっぽい)
ちなみに第一展望台は有料駐車場(バイク¥100)になります。
こちらは、売店等がありますので、お土産の購入等が可能です。
130922摩周湖1-1 130922摩周湖1-2 130922摩周湖1-3
お土産でマリモが買えますw

これで今回の旅の目的達成です。
あとは帰路となります。
西へ(函館方面)ひたすら走ります。

R241→R274
で本日は士幌町でタイムアップ。
本日の宿→『士幌高原ヌプカの里キャンプ場』
130922ヌプカの里

130922ヌプカの里① 130922ヌプカの里② 130922ヌプカの里③
(いつものごとく、写真は翌朝撮影)
山の上にあるキャンプ場です。
利用料¥300
トイレ、水道あり。
山の上だけあって、景色は良いが、近くに店なし。
町まで20km以上ありますw
でも腹減ったし風呂も入りたいので、テント設営後に町へ。
そして、風呂と買出しを済ませ、キャンプ場へ戻るのだが、
ショートカットしようと、農道へ入ったら軽く迷ったw
街灯は皆無で、周りに人気も人工物もなし。
さらには道も未舗装だったりと、かなり恐怖でしたね。
せっかく風呂で温まった身体が冷えてしまったぜw

それでも頑張ってキャンプ場へ戻り、就寝。


5日目終了。
走行距離 444.8km

つづく・・・
Secret

TrackBackURL
→http://komuzoukun.blog34.fc2.com/tb.php/605-523bd07c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。