9/21 北海道キャンプツーリング4日目

R238にて、海岸沿いにひたすら南下します。
しばらく走行後、国道だけ走っていてもつまらないので、ちょいそれて名もない道へ。
コムケ湖と海の間を走る道です。
舗装はされていませんが、直線の砂利道なので問題なし。
130921コムケ湖
で、ここの海岸がいい感じ↓
130921コムケ湖海岸
のんびりするにはうってつけの場所かと。
人気もないし、静か。浜辺で寝転がったら気持ちよさげ。

まあ軽くここでのんびりした後は、またR238へ戻り南下続行。
するとまた湖が現れます。
サロマ湖。
130921サロマ湖① 130921サロマ湖② 130921サロマ湖③
まあほぼ海です。
ちなみに、一望するためには展望台に登る必要あり。
展望台までの道は、片道5kmのダートになります。(3枚目写真)
まあ慎重に走ればロードタイヤでなんとかなります。(車とか走ってる道だし)

ここらへんで、昼時となったので飯にすることに。
なんでもサロマ湖はホタテの産地とのこと。
というわけで↓
130921レストハウスところ
『レストハウスところ』にて帆立づくし定食(¥1800)
久々のまともな食事w
まずいわけないよねw

腹を満たし、ちょい走ると、網走に突入です。
網走と言ったらこれしか思い浮かばないですよね↓
130921網走
今回行ったのは網走監獄です。
これは”明治時代から網走刑務所で実際に使用されていた建物を天都山に移築・修復して保存公開している野外博物館”とのこと(ウィキペディアより)。
網走刑務所は別の所に今もあり、稼働しています。

入場料¥1050を払い、見学開始。
130921網走人形① 130921網走人形③ 130921網走人形②
130921網走人形④ 130921網走人形⑤ 130921網走人形⑥
風情ある木造建築の中に、点在する人形たちが怖いw

見学を足早に済ませ、ついでにここで会社へのお土産も購入。
バイクなので持ち歩けないので、会社宛に宅配手配。

以上で網走終了。
ここから、海岸を離れ、南へ向かえば摩周湖だが、せっかくなので
引き続き海岸沿いを走り、知床まで行くことに。

R238→R244→R334で知床半島へ。
日没間近で知床峠突入。
130921知床峠① 130921知床峠② 130921知床峠
キャンプ場に日のあるうちに辿り着きたかったので、サクッと走り抜けます。
知床半島は世界遺産ですが、観光するにはハイキングになります。
この峠より北へは車、バイクでは行けません。
あと、この辺は獣がでますので、走行注意ですね。
実際鹿が道路脇で草食ってました。
熊も出るらしいし、日没後はこの道走りたくないかな。街灯もないしねw

なんとか日没前にキャンプ場へ到着。
『知床国立公園 羅臼温泉野営場』
130921知床

130921知床① 130921知床② 130921知床③ 130921知床④
(写真は翌日の朝に撮影)
利用料¥300
テント設営場所が区画分けされています。
受付にて、空いている区画の番号札をもらい、そこにテントを設営します。
なので、シーズン中はすぐいっぱいになっちゃうかもね。
今回も8割方埋まっていたかな。
水道、トイレありで、温泉(無料)も隣接しています。

というわけで、さくっとテント設営を済ませ温泉へ。
『熊の湯』
秘湯です。
あるのは脱衣所と温泉と桶とベンチくらいです。
水道もなかったような・・・
なので洗面用具は持参しないとありません。
そして湯船の湯ですべて済ます必要があります。
あと湯が熱いです。
でも慣れますw

さっぱりしたあとは町へ買出し。
そのまえにガソリンを給油したら、店員さんが”近くで祭りをやってるから行ってみ”
とのこと。
というわけで夕食がてら祭り見学。
『漁火まつり』
130921羅臼祭り① 130921羅臼祭り② 130921羅臼祭り③
羅臼漁港にて屋台が立ち並んでいました。
こっちでもよく見る屋台(フランクフルトやチョコバナナなど)などから、海鮮市場てきな屋台など。
地元民なら前者の屋台がうれしいかもしれんが、観光者は断然後者の屋台ですね。
あと、食事スペースのベンチのところでは、網焼きができるようになっていた。(中央写真)
干物とかも売っていたので、ここで焼くのだろうか・・・

というわけで、屋台にてお食事調達。
130921羅臼祭り④ 130921羅臼祭り⑤
びっくりするのがそのお値段。
左写真:1枚100円の帆立を注文したら、プラス100円でおまけするよと言われ、お願いしたらこのあり様。
右写真:1枚100円の焼牡蠣×2と1本150円のとうもろこし。
安いねw
あとステージらしきところでは競りをやっていたね。
丁度秋鮭のシーズンだったっぽい。

お腹を満たした後は、キャンプ場に戻り就寝。
(この祭りがあったため、今日のキャンプ場の入りは多かったのかも)
と思ったら、近くのテントからの話声が止まない。
どうやら5~6人のグループがお食事している模様。
まあ夜10時くらいになったら静かになるだろうと思っていたら、
夜中の2時までそれは続きました・・・
テントって布切れ一枚だから、防音効果皆無なんだよね。
しかし、こんな辺境の地で騒音に悩まされるとは、ガっデムですよ!
やはり今後耳栓は必須だなw


4日目終了。
走行距離 378.5km

つづく・・・
Secret

TrackBackURL
→http://komuzoukun.blog34.fc2.com/tb.php/603-f0ae49b4