上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5/4 GW北海道キャンプツーリング7日目最終日

とうとう最終日です。
北海道が終わり、青森スタートです。

寝て起きたら青森でした。
170504フェリー青森
なんか周りが騒がしくなって目が覚めたら、みんな下船準備してた。
危ない危ない。
寝過ごすところだった。

下船後は本日の走行スタート。
軽く観光しつつ帰宅を目指します。
170504青森気温
本州といえど、東北の夜はまだまだ寒い。
ほんとオーバーパンツ持ってきておいてよかったぜ。

前回のキャンツーで青森は来ているので、今回はスルーします。
南下して秋田へ。
170504青森コンビニ
夜通し走り、コンビニで朝飯。
岩手のカップラーメンですが、まだ秋田です。
今回、前回の東北キャンツーで走れなかった八幡平アスピーテラインを走ることとします。
ただその前にHP回復。
170504七滝温泉
早朝から営業している温泉を発見したので、鋭気を養うことに。
七滝温泉。

HP回復後は八幡平アスピーテラインへ。
170504アスピーテ入口
ちと早く到着したんで、オープン待ち。
8:30オープンになります。
ちなみに、前回は天候時不順による通行止めにて走ることができませんでした。
今回は良い天気!
そして、この時期に走る理由はこれだ↓
170504アスピーテ2 170504アスピーテ
雪の回廊が見れるのです。
天気も路面も良いので快走快走。


そして途中にある大深沢展望台からの眺め。
170504大深沢展望台
なかなか。

アスピーテ後は岩手入り。

麓にある松尾鉱山跡
170504松尾鉱山跡1 170504松尾鉱山跡2
廃墟です。

アスピーテライン後の八幡平では桜鑑賞。
170504為内の一本桜①
為内の一本桜
ちょうど見頃。
なのでカメラ小僧がいっぱいいます。
170504為内の一本桜⑤
遠方から望遠で桜を狙っています。
たくさんの人が遠方より撮影しているので、桜に近づくのが撮影の邪魔になりそうでなんか気を使いますw
ちなみに望遠で狙うとこんな感じ↓
170504為内の一本桜② 170504為内の一本桜③ 170504為内の一本桜④
岩手山を背景にもってこれるのです。
これまた、なかなか。

後はひたすら帰路。
とりあえず元気な内は下道で南下します。
どう走ったかは記憶なし。東北の地図は持っていなく、ナビ頼りだったもので。

途中にあったダム湖。
170504矢櫃ダム
矢櫃ダム。
水が青い池並みに青いじゃないか。
雪解け水だからかな?
なんかよさげな場所。
時間があるときにまた来てみよう。


そして、ひたすら下道を走り続けるも、宮城でギブ。
仙台くらいまで頑張ろうかと思ったけど、手前の泉ICより高速移動とします。
あとはまた夜通し走行。
本日の活動限界は突破してますけど、頑張っちゃいます。
170504牛タンジャーキー
途中のサービスエリアで眠気覚ましの牛タンジャーキー。
旨し。
そして、牛タンで目を覚ますも、すぐに睡魔到来。。
170504モンスター
なのでE缶使用。
摂取後30分は効果を発揮したが、その後再々度撃沈。
仕方がないので、SAのベンチで仮眠。
1時間ほど寝たかな。
そして起床後は最後の爆走。



すでに日が変わって、さらに夜も明けたころ、やっとこさ帰還。
5/6 6:30
170505帰還
いやはや、最終日は走りすぎたなw
さすがに疲れたw

走行距離:824km
総走行距離:2804.0km

これにてキャンツー連載終了。
しかし今回はキャンプをちゃんとしたが、ホント寝るだけのキャンプだったな。
おかげで使わない道具が多かった!
せっかく用意した、タープとか焚火台とか椅子とか。
終始風が強いのは参った。
まあ雨よりマシというものか。

さて次はどこへ行こう。
やはり未踏の九州を攻めるか、また北か・・・
どっちにせよ、SWはダメだから1年後だな。
休みが取れる保証はないが。

おわり!
スポンサーサイト
5/3 GW北海道キャンプツーリング6日目

本日は日出前に起床。
場所が岬なんでね、朝日が綺麗かと。
んで日出↓
170503朝日
ちゃんと拝めました。
こういうのをシャイニングロードと呼ぶのかな。
そして朝日を拝みつつ朝食。
170503朝食
パンと紅茶。
寒いんで、紅茶はホットにしてね。
パンを焼くために焼き網用意したけど、バーナーの火力が一転集中タイプなんで、局所的に焦げちまった。

朝食後はテント撤収。
がしかし・・・
170503テント破損1 170503テント破損2 
テントポールが折れた・・・
ヒビが入っていたのは知っていたので、そこを手で押さえながら扱っていたのに、やっちまった。
そして、折れた際に手を切ったぜ・・・
170503テント破損3
掌を軽くね。
たが、今回より持ち物にファーストエイドキットを追加していたので事なきを得たぜ!
液体ばんそうこうで止血!

テント撤収後は、帰路に突入します。
テントも壊れたことですしw
とりあえず西を目指します。

途中寄り道。
170503浦幌神社1
浦幌神社
なんでもバイクのお守りが売っているそうな。
これだ↓
170503浦幌神社2 170503浦幌神社4
まあ、旅も終盤ですが一応買っときますw
まだ家までは遠いことですし。

13:00 北海道を終了とし、地獄の1000km走行に突入することを決意。
お守りを手にいれたことですしね、これから力の続く限り走ります。
肝心の帰路コースですが、行きと同じ苫小牧ではなんなんで、函館からフェリーに乗り青森へ行きます。

函館を目指し、高速移動。
ひたすら走り続ける。
本日はキャンプ場を探す必要がないので、日暮れ後も走り続ける。
高速道路使用です。

21:00函館着。
なんとか、最終便22:05発のフェリーに間に合ったぜ。
170503函館フェリー1 170503函館フェリー2
手続き後は、すぐ搭乗。
170503函館フェリー3 170503函館フェリー4
バイク固定時、荷物が重くて不安定なので下してくれとお願いされたw

客室移動後は寝床作成。
170503函館フェリー5
睡眠最優先。
青森までの3時間40分を睡眠にあてます。
船内は電気がついてまぶしく、また家族連れが多いのでうるさいです。
なので耳栓して、ネックウォーマーをアイマスク代わりにしてがっつり寝ます。
翌日は本日以上に爆走せにゃならんからね。


6日目終了。北海道終了。
走行距離:699.3km
総走行距離:1980.0km
さあ終盤だ。
もう少し。

5/2 GW北海道キャンプツーリング5日目

やはり寒さで目覚める。
5時起床。
170502朝の気温
本日は特に寒い予報。
朝は0℃ですよ・・・
なので朝食は暖かいものを。
170502朝食
カップラーメン!
手抜きですw
手元にこれしか食料がなかったのです。
買い出しそびれたってやつです。

飯後は撤収作業。
しかし、朝も引き続き強風で寒い。
テント片づけるのに一苦労だぜ。
飛ばされないように気を付けないとな。

出発。
本日は最東端の岬を目指そうかと思います。
ひたすら走ります。

途中にあった展望台に立ち寄り。
170502新酪農村展望台1 170502新酪農村展望台2
新酪農村展望台
いきなりポツンと、ただの足場のような展望台が現れますw
とりあえず景色は良いです。

さらにひたすら走り続け、最東端に到着。
170502納沙布岬1 170502納沙布岬2
納沙布岬
北方領土の歯舞群島がうっすら見える。
お決まりの写真を撮影し、目標達成。


後はキャンプ場探し。
ただ問題は、ここいらで営業しているキャンプ場がガイドによると無いということ。
まあ現在は最東端ですから、西に向かうだけです。
とりあえず景色がよさげな北太平洋シーサイドラインをひたすら走ります。
170502北太平洋シーサイドライン 170502シカ注意
鹿注意。
途中、海岸を走れるとツーリングマップルに記載があった所を寄り道。
170502北太平洋シーサイドライン(海岸)
なぎさのドライブウェイ
砂が締まっているため、走行可能とのこと。
道から外れて海岸に入るわけだが、案内板とかは無いので、海岸に出れそうなそれっぽい道を見つけて突入です。


ここを抜けると霧多布岬。
せっかくなんで、行ってみます。
170502霧多布岬
霧多布岬
ちょうどここには霧多布岬キャンプ場があるんだけど営業していない模様。
ただ敷地はオープン状態なので、ちょい失敬させていただくこととします。
日暮れにはちと早いけど、次のキャンプ場を見つけられるかわからんからね。
本日はここでキャンプすることとします。


サクッとテントを設営します。
設営するにあたり、地面の傾斜をみるためグランドシートを敷いて寝っ転がっていたら、近く(キャンプ場の駐車場)にてキャンピングカー前でBBQをやっていた老夫婦が飯を持ってきてくれた。
170502夕食
鶏肉に牛肉にホタテに牡蠣。
食べきれず残ったからどうぞとのこと。
というわけで、本日の夕食ゲットw
ちょいとカラスに飯を狙われたので、いただいてからテント設営再開。
170502霧多布キャンプ1
完了。
あとは買い出し&給油&風呂。
割と近くに町があり、キャンプ場近くには風呂あり。
170502ルパン
なんでもこの町はモンキーパンチの出身地だとか。

5日目終了。
170502霧多布キャンプ2

走行距離:292.2km
総走行距離:1280.7km
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。