ここのところ、KLXにアーマーハンドガード(ベント)を付けるべく奮闘していました。
やっとのことで本日完了。

施工前
150214ハンドル施工前1 150214ハンドル施工前2
施工後
150214ハンドル施工後1 150214ハンドル施工後2

以下は過程

最初は純正ハンドルにつけようとがんばったのだが・・・
150214ハンドル穴開け失敗
純正のバーエンドの穴の拡張に失敗。
拡張中にタップが折れ、穴が埋まった・・・
(純正の穴のままだとアーマー取付のネジが入らんので拡張加工が必要なのです。ついでにブレーキ・クラッチレバーはショートに換装する必要もあり。)
タップを取り出す方法が浮かばなかったので、この日は終了。
もういっそのことハンドルごと替えてしまえしまえということで、ハンドル発注。

翌週
ハンドル到着。(上:純正 下:レンサル)
150214ハンドル新旧
選んだのはこれ↓
RENTHAL レプリカバー ED LOW(旧R.ジョンソン) RM ブラック
純正にサイズの近いのをチョイス。ケーブル類の交換はしたくないのでね。
そして装着↓
150214ハンドル施工中
後はアーマーの取付だが、うまく付かない・・・
ブレーキホースが干渉したり、バーエンド部の角度が合わなかったりと・・・
時間が無かったので、取付は諦めこの日は終了。

翌々週。
アーマー取付再チャレンジ。
ブレーキキャリパーの位置を調整したり、スペーサー噛ませてみたりと試行錯誤の末、なんとか装着。
150214アーマーハンドガード 150214アーマー1 150214アーマー2
ブレーキキャリパーはちょい上にずらして回避。
バーエンドの取付角度も許容範囲内。
あとはさくっとアーマーハンドガードにプロテクターつけて終了。

いやはや、さくっと取付できるかと思いきや、金と時間が結構かかったぜ・・・

おまけでこんなんも交換してみた
150214エアインテーク1エアインテーク
150214エアインテーク2取り外したとこ。ここからダクト部分をひっこぬいて交換。
150214エアインテーク3左:純正 右:250Rのもの
引っこ抜いた部分に250Rのエアインテークを刺せば元通り装着できます。
250Rのものは吸気口が大きいので吸気効率アップですw
効果は不明ですが、吸気音量が上がり、また低音になります。


後はフェンダーレス化かな・・・