上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バイクが無いとネタが無い昨今。
バイクネタができたので更新ですw
140705KLX.jpg
本日、修理からKLX250が返ってきました。
(先週くらいに修理終わってたけど、時間と天気の都合により本日となった。)
1ヶ月ぶりですw
ただ、バイクは直ったけど自分はまだ治療中。
擦傷は半月で治ったけど、捻挫した指と足首がまだ治らん。
まあ日常生活に支障ない程度には治ったが、運動はまだ難しいな・・・

以下事故報告。

まずは物損(車両)から。
事故の責任割合20:80で決定。
もちろん自分のほうが2割となってます。
かかった金額は以下の通り。

自分の損害額(バイクの修理費¥114000 + 自分の装備品の損害額¥38000):¥152000
相手の損害額(車の修理費):¥117000。

自分の損害額の8割を相手保険会社からもらえます。
自分が払うのは、相手の損害額の2割です。
ただ、相手への損害額の2割は、自分の保険(対物賠償)を使って払うこともできますが、
使うと保険料が上がり、3年見越すなら自腹で払った方が得らしいので、今回は不使用。
まとめると、自分と相手の損害額の合計の2割を負担する計算になります。
だいたい5万円くらいか・・・
まあこれは、後述する人身の保証でカバーしますw

ちなみに、バイクの修理費はバイクショップが見積もります。
自分で直すと保証されないかと。
装備品の保証は、その装備品の写真、メーカー名等、購入金額、購入時期を相手の保険会社に送り、査定となります。
買ったときの領収書・納品書があれば添付、無いものについては購入金額及び時期は自己申請です。
なので、自己申請部分は定価で申請するのが良いかと。
また、購入時期が古いものほど、査定額は低くなります。要注意w
今回申請した装備品;メット、シューズ、バッグ、グローブ、レインウェア、服。
満額なら¥56000のところ、実際の保証は¥38000となりました。
(相手保険会社査定で¥26000となったと自分の保険会社より連絡が来たが、安いとゴネたら、
今度は自分の保険会社の方で査定してくれた。そしたら¥38000になったw)
シューズ(¥17000)はほぼ新品だったので、これについては満額保証されたっぽい。
まあ実際もらえるのは8割だけどね・・・

物損事故ならこれにて終了となります。
ただ、今回は人身事故なのでまだ続きます。


続いて人身について。
まず人身事故扱いにするには警察署へ病院の診断書の提出が必要。
これをしないと、相手からケガの保証が基本受けられないので注意。
ケガの保証は具体的に言うと、ケガ治療費、通院費、慰謝料、会社の休業補償が相手保険から受けられます。
なので病院には自分からの支払い不要。
ちなみに、自分で薬局等で買った医療品(包帯など)は保証してくれなかった・・・
あと、自分の保険の搭乗者傷害の補償があったんで、そのお金が頂けた。


結論
事故るとめんどい。
自分と相手の保険会社への書類提出及び電話のやりとりがめんどい。
特に電話については、自分と相手の保険会社それぞれに物損担当と人身担当がいるので、計4人とのやりとりですw
しかも、電話が通じるのは平日の9-18時。まあ自分は融通のきく仕事場なので構わんが。
通院とそれに付随する仕事の日程調整がめんどい。
通院先が総合病院だったので、待ちが長い・・・。
また、担当医が週2しかいないので、それに日程を合わせるのが大変。
軽傷なら小さい病院のほうがいいのかも。



KLX250修理内容(交換部品)↓
シュラウドR
サイドカバーR(現在納品待ち。8月ごろになる予定)
ブレーキペダル
フロントフェンダー
フロントブレーキマスターシリンダー
フロントアクスルシャフト
リアアクスルシャフト
ハンドル
ミラー
ライトカバー
フォークガード
シート
ウィンカーレンズ
スロットルグリップ
グリップ
フロントセンターずれ調整。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。