やっとお盆が明けたので、先日土曜にSV400sを修理に出しました。
自走できないんで、レッカーになります。
そして、バイク屋で診断してもらって修理代の見積もり待ち。

そしてやっとこさ本日診断結果の連絡がきた。

どうやらタンク内に貯まった水が原因だった模様。
しかも結構な量だったらしい。
さらにその水のせいで、タンクの底のほうは腐食?サビ?が見られるとか。
さらにはキャブも水の影響を受けて、本調子ではないとか。

うーむ。
キャブのOHも提案されたけれども、数万かかるんで却下。
とりあえずエンジンはかかるようになったということなんで、様子見ということにした。

そして、本現象が起こった原因についてだが、以下の2点が考えられる。
①タンク内の結露の長年の蓄積。
②社外品に変えていたタンクキャップの精度の問題による雨水の侵入。
自分が考え付くのはこれくらい。

ただ、リザーブのオンオフがあるようなタンクだと、①の原因が考えられるけどSVはリザーブの
切り替えはないタイプのタンクなんだよね。
それだと①はないかな。
とすると②かな・・・
雨水の侵入とあるけど、自宅時はバイクカバーかけてるし、会社時は屋根があるし、大雨の時は乗らないし・・・
ただバイクカバーの防水は完璧じゃないんだよな。
だとするとカバー越しに、ここのところのゲリラ豪雨にやられたんかな・・・・

とりあえず、タンクキャップを純正に戻すことにします。
新品を注文!1万円!
これが届けば修理はとりあえずは完了になるんかな。
今週中にはバイク戻ってくるっぽいな。


そして合計見積もり、レッカー代込で大体3万弱!
近々タイヤも換えねばならぬというのに・・・
2013.08.10 バイク故障中
本日猛暑。
山梨県甲州市では40.5度、群馬県館林市では40.1度を観測したそうな。
6年ぶりの40℃越え。
暑いです。
部屋のクーラー全開でも30℃を切りませんでした・・・

とても暑いので部屋に引き籠っていたかったけど、バイクの調子が悪いんでちょい修理作業。
アイドリング中に急にエンジン止まって、それからかからなくなっちゃって・・・
なので、とりあえずプラグの交換をしてみることに。

1年以上ぶりのプラグ交換。
そのせいか、プラグの取り外しに苦戦した。
固着しちゃってたんだか、すごく固くてなかなか取り外せなかった。
なんとか取り外し新品に交換できましたが、もう汗だくです。

さらに、セルを回すもエンジン始動せず・・・
どうやら原因はプラグではない模様。
これ以上は自分での修理は無理と判断し、バイク屋へテレフォン。
・・・・電話からお盆休みのガイダンスが・・・

しばらくバイクなしの生活になりそうです。
かったるー!



130810ダンボー
モバイルバッテリー(ダンボーモデル)購入。
パズドラで電池消費の激しいのでその対策としてw
2013.08.05 伝説再び…

グルグルに続編が!